キャビテーション

脂肪を溶かす機械で太ももや二の腕の部分痩せも

脂肪を溶かす機械に、キャビテーションというのがあります。

 

脂肪吸引に変わり痛くない、メスを使わないのが特徴です。

 

超音波で深さを調節して、脂肪だけを狙い脂肪細胞に穴をあけ、脂肪が分解させてしまいます。

 

2時間の超音波のキャビテーションにより脂肪が減るようです。(減る量は個人差があります)

 

超音波あるいはラジオ波の熱で脂肪を遊離脂肪酸とグリセロールに変え、脂肪酸が血中に流れ出して、脂肪酸が代謝されてエネルギーに変わる、という流れです。
脂肪は温度の変化に敏感なので、このような熱で分解は進みます。

 

超音波を使うキャビテーションやHIFUマシン、ラジオ波を使うものなど痩身マシンとして、様々な種類があります。

 

いずれの機器でも皮下脂肪へ照射することで細胞を乳化して、破壊しリンパの流れで体の外へ出すというものです。

 

切る脂肪吸引などと比べると、皮膚に傷ができず体への負担が少ないです。

 

脂肪細胞を破壊してから排出されるまで時間がかかる人は、施術から1週間〜2週間ほど過ぎてから効果が出始めることもあります。
脂肪細胞を狙い撃ちできるので、太ももや二の腕などの部分痩せができます。

 

 

キャビテーションやラジオ波マシンは美容外科やエステで使用されています。

 

エステと美容外科の機械の違いは、照射するエネルギー量や出力です。

 

医師の管理で施術を行う美容外科のほうが、エネルギー量や出力がり強力にできるので、脂肪細胞を破壊する量が違います。

 

施術中の痛みや施術後の異常などはほとんど見られませんが、マシンの種類によっては機械のキーンという音が気になる人もいるようです。

↓↓↓シーズラボの公式サイト↓↓↓